スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリジェンス関連・新刊リスト2012(暫定版)

2012年に刊行されたインテリジェンス関連の書籍のリストです。

リンクが間違っていたり、抜けている本があったら指摘して頂けると有難いです。





1月

1月、櫻井直子著『情報セキュリティの価値と評価―消費者が考える個人情報の値段』文眞堂

1月10日、小谷賢著『インテリジェンス: 国家・組織は情報をいかに扱うべきか』ちくま学芸文庫

1月20日、渡辺賢二著『陸軍登戸研究所と謀略戦: 科学者たちの戦争』吉川弘文館



2月

2月、東京消防庁監『災害時の情報活動マニュアル―消防職員のための情報管理』東京連合防火協会

2月1日、西本逸郎・三好尊信著『国・企業・メディアが決して語らないサイバー戦争の真実』中経出版

2月2日、伊東寛著『「第5の戦場」 サイバー戦の脅威』祥伝社新書266

2月2日、高橋英利著『文庫 オウムからの帰還』草思社文庫

2月4日、中西輝政・小谷賢編著『増補新装版インテリジェンスの20世紀― 情報史から見た国際政治』千倉書房

2月17日、辻井重男著・電子情報通信学会編『情報社会・セキュリティ・倫理』 コロナ社

2月23日、デイヴィッド・ワイズ著・石川京子・早川麻百合訳『中国スパイ秘録: 米中情報戦の真実』原書房



3月

3月9日、ロナルド・ケスラー著・中村佐千江訳『FBI秘録』原書房

3月16日、宮坂直史・鵜飼進著『「実践危機管理」国民保護訓練マニュアル ~テロ対策訓練の進め方~』ぎょうせい

3月18日、橋本賢一著『正しい意思決定のための 経済性工学がわかる本 「どっちが得か」を数値化する技術』日本能率協会マネジメントセンター

3月31日、早稲田大学20世紀メディア研究所インテリジェンス編集委員会編『Intelligence Vol.12』文生書院



4月

4月、大野直樹著『冷戦下CIAのインテリジェンス―トルーマン政権の戦略策定過程』ミネルヴァ書房

4月、大泉光一著『危機管理学総論―理論から実践的対応へ』ミネルヴァ書房

4月、藤江俊彦著『実践危機管理読本―リスクマネジメントの基本から不祥事・災害対策まで』日本コンサルタントグループ

4月、山田朗・明治大学平和教育登戸研究所資料館編『陸軍登戸研究所“秘密戦”の世界―風船爆弾・生物兵器・偽札を探る』明治大学出版会

4月、劉継生・木村富美子著『はじめて学ぶ情報社会』昭和堂

4月18日、安田浩一著『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』講談社

4月20日、福田充著『大震災とメディア―東日本大震災の教訓』北樹出版



5月

5月、「情報史研究」編集委員会編『情報史研究 第4号 特集:近現代日本におけるインテリジェンス』情報史研究会

5月、瀧澤忠徳著『消防・防災と危機管理―全国自治体職員のための入門・概説書』近代消防社

5月、井上正信著『徹底解剖 秘密保全法―生まれも育ちも中身も「秘密」に包まれて』かもがわ出版

5月17日、ニュースなるほど塾編『諜報機関 あなたの知らない凄い世界』KAWADE夢文庫

5月20日、吉田則昭著『緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像』平凡社新書



6月

6月1日、独立行政法人 情報処理推進機構・編著『情報セキュリティ白書2012』独立行政法人 情報処理推進機構

6月8日、福山隆著『防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~』ワニブックスPLUS新書

6月12日、辻井重男著『暗号 情報セキュリティの技術と歴史』講談社学術文庫

6月19日、舩木繁著『支那派遺軍総司令官 岡村寧次大将』KAWADEルネサンス

6月22日、森山優著『日本はなぜ開戦に踏み切ったか: 「両論併記」と「非決定」』新潮選書

6月29日、イツァーク・ギルボア著・川越敏司・佐々木俊一郎訳『意思決定理論入門』エヌティティ出版

6月29日、藤原岩市著『F機関‐アジア解放を夢みた特務機関長の手記‐』バジリコ



7月

7月、震災対応セミナー実行委員会編『3.11大震災の記録―中央省庁・被災自治体・各士業等の対応』民事法研究会

7月13日、中田整一著『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』講談社文庫

7月14日、金惠京著『テロ防止策の研究―国際法の現状及び将来への提言 [新装版]』早稲田大学出版部

7月24日、国家公安委員会警察庁編『警察白書 平成24年版』ぎょうせい

7月27日、宝木和夫著『情報セキュリティ: 暗号・認証・マネジメント』近代科学社

7月31、土屋由香・吉見俊哉編『占領する眼・占領する声: CIE/USIS映画とVOAラジオ』東京大学出版会



8月

8月、中谷雄二・近藤ゆり子著『これでわかる!「秘密保全法」ほんとうのヒミツ』風媒社

8月10日、黒井文太郎原作・峰岸とおる劇画『本当はすごかった大日本帝国の諜報機関』扶桑社文庫

8月24日、岡部伸著『消えたヤルタ密約緊急電: 情報士官・小野寺信の孤独な戦い』新潮選書



9月

9月7日、佐藤守男著『情報戦争の教訓: 自衛隊情報幹部の回想』芙蓉書房出版

9月8日、スコット・プラウス著・浦谷計子訳『判断力―判断と意思決定のメカニズム』日本経済新聞出版社

9月20日、土屋大洋著『サイバー・テロ 日米vs.中国』文春新書



10月

10月、メディア史研究会編『メディア史研究 第32号 特集:検閲の諸相』ゆまに書房

10月4日、 ロネン バーグマン著・佐藤優監修・河合洋一郎訳『シークレット・ウォーズ』並木書房

10月6日、海渡雄一・前田哲男著『何のための秘密保全法か――その本質とねらいを暴く』岩波ブックレット

10月10日、北岡元著『ビジネス・インテリジェンス―未来を予想するシナリオ分析の技法[Kindle版]』東洋経済新報社

10月15日、三澤真美恵・佐藤卓己・川島真著『電波・電影・電視: 現代東アジアの連鎖するメディア』青弓社

10月18日、野口東秀著『中国 真の権力エリート: 軍、諜報・治安機関』新潮社

10月26日、森岡督行著『BOOKS ON JAPAN 1931 - 1972 日本の対外宣伝グラフ誌』ビー・エヌ・エヌ新社



11月

11月22日、ジョビー・ウォリック著・黒原敏行訳『三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」』太田出版



12月




スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きりしま

Author:きりしま
トラックバックは言及リンクがないものは弾くように設定しています。
コメントはブログ記事と関連性のある話題でお願いします。

今年の目標は,「日本のネット情報の現状」の大幅な更新と,10記事位書くことですかね。

2015年1月4日,プロフィール更新

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク
RSS
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。