スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のネット情報の現状:総合(追記有り)

世界にはインテリジェンス学(情報史研究、インテリジェンス研究)という学問があります。

インテリジェンス学には、情報組織が暴走して市民の人権を抑圧しないような監査制度の研究(「インテリジェンスのオーバーサイト」の問題)、政治と情報組織との関係・距離感の考察(「インテリジェンスの政治化」の問題)、情報活動の理論や情報組織の歴史等、いろいろなテーマがあります。
インテリジェンス学の本場は英米ですので、真剣に学びたい場合は英語ができることが最低限の条件となります。

とはいえ、インテリジェンスを学問として追究したいと思う方はそう多くはいないでしょう。
それよりも、「インテリジェンスに興味はあるけど、詳しいことは知らないし勉強の仕方も分からない」という方が多いのではないでしょうか?

一般的に、自分が何か調べたいことがあるときは、インターネットで検索するのが良いとされています。
しかし、まだまだ一般的とまでは言えないインテリジェンスの場合でも、それは有効なのでしょうか?

今回は日本語で読める、インターネット上のインテリジェンス関連のサイトやブログ、レポートなどを紹介します。



Ⅰ.四大提言書
Ⅱ.インテリジェンス専門家
Ⅲ.現代日本のインテリジェンス
Ⅳ.大日本帝国のインテリジェンス
Ⅴ.現代アメリカのインテリジェンス
Ⅵ.読み物
Ⅶ.Googleブックス
Ⅷ.その他



尚、このブログ記事の内容は、適宜更新していきます(最終更新日:2013年11月17日)。



関連記事

日本のネット情報の現状:日本

日本のネット情報の現状:英米

日本のネット情報の現状:テロ対策






Ⅰ.四大提言書

現代日本のインテリジェンス政策に大きな影響を与える4つの提言書です。
(上から)外務省・PHP総合研究所・自由民主党・内閣情報調査室により発表されました。

対外情報機能の強化に向けて

日本のインテリジェンス体制―変革へのロードマップ―

国家の情報機能強化に関する提言

わが国の情報機能



Ⅱ.インテリジェンス専門家

日本のインテリジェンス専門家の、著書とサイトとネット上で見られるレポートや動画を紹介します。

インテリジェンス入門』『インテリジェンスの歴史』『仕事に役立つインテリジェンス』などの著作で知られる、政策研究大学院大学教授の北岡元氏。
日本のインテリジェンス学の権威です。

北岡氏のサイト
HKのホームページ

北岡氏の記事
インテリジェンス-情報を収集し知識として活用する方法とは-
国家安全保障の専門家が語る「企業にとってのインテリジェンス」とは?
外交とインテリジェンス
インフォメーションからインテリジェンスへ―冷戦後の世界と情報


「情報」と国家戦略』『日本人は戦略・情報に疎いのか』『国際情勢と安全保障政策』などの著作で知られる、元・防衛庁情報本部長の太田文雄氏。
防衛庁のインテリジェンス専門家だった方ですね。

太田氏の記事
情報と安全保障


情報と防災
第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

消防科学総合センターの季刊誌「消防科学と情報」での連載記事です。


国家戦略とインテリジェンス』などの著作で知られる、奥田泰広氏。
英国のインテリジェンスに詳しいです。

奥田氏のブログ
国家戦略とインテリジェンス


イギリスの情報外交』『日本軍のインテリジェンス』『モサド―暗躍と抗争の六十年史』などの著作で知られる、防衛省防衛研究所・戦史部教官の小谷賢氏。
英国外交史の専門家で、インテリジェンスに詳しいです。

小谷氏のブログ
ホワイトホール61番地~インテリジェンスを学ぶ

小谷氏の記事
英国の情報機構改革について
最近の英国におけるインテリジェンス改革
日本軍とインテリジェンス―成功と失敗の事例から―
わが国におけるインテリジェンスの現状と課題
マブフーフ氏殺害事件について
Japanese intelligence and the Soviet-Japanese border conflicts in the 1930s


日本の危機管理力』『世界のインテリジェンス』などの著作(共著)で知られる、PHP総合研究所主席研究員の金子将史氏。
安全保障にもインテリジェンスにも詳しいです。

金子氏のブログ
研究員ブログ 金子将史

金子氏の記事
日本のインテリジェンス体制
官邸のインテリジェンス機能は強化されるか


インテリジェンスの基礎理論』などの著作で知られる、慶應義塾大学教授の小林良樹氏。
警察官僚出身で、米国のインテリジェンスに詳しいです。

小林氏のサイト
小林良樹研究室


日本の情報機関』『インテリジェンスの極意』などの著作で知られる、インテリジェンス専門誌「ワールド・インテリジェンス」元編集長の黒井文太郎氏。
国際テロリズムに詳しいジャーナリストです。

黒井氏のブログ
ワールド&インテリジェンス
twitter


秘密のファイル』などの著作で知られる、名古屋大学特任教授の春名幹男氏。
日本のCIA研究の大家です。

春名氏の動画

春名先生を通して世界を知ろう
第1回

第2回

第3回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

第11回

第12回

第13回

第14回前半

第14回後半

名古屋大学全学教養科目「国際報道論」とリンクした番組です。
インテリジェンスというよりは国際情勢解説です。


いわゆる「密約」問題に関する有識者委員会報告書
春名幹男 名古屋大教授 2010.3.30
twitter


テロとインテリジェンス~覇権国家アメリカのジレンマ』などの著作で知られる、日本大学教授の福田充氏。
テロ対策やインテリジェンスの研究家ですね。

福田氏のサイト
福田充研究室
『藝に遊ぶ(遊於藝)』
twitter


ネット・ポリティックス――9・11以降の世界の情報戦略』『情報による安全保障―ネットワーク時代のインテリジェンス・コミュニティ』などの著作で知られる、慶應義塾大学准教授の土屋大洋氏。
国際政治学の専門家ですね。

土屋氏のサイト
土屋大洋のホームページ
ε304
twitter

土屋氏の記事
ブッシュ政権の令状なし通信傍受をめぐる課題
政府機関によるインターネット傍受の課題
安全保障と情報社会


日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」』『CIAと戦後日本』 などの著作で知られる、早稲田大学教授の有馬哲夫氏。
メディア史の専門家で、ウォルト・ディズニー研究家でもありますね。

有馬氏のサイト
index


昭和史発掘幻の特務機関「ヤマ」』などの著作で知られる、ノンフィクション作家の斎藤充功氏。
昭和裏面史以外にも、日本の刑務所関連の著作が多いですね。

斎藤氏のブログ
死刑囚獄中ブログ


戦略的思考とは何か』『日本外交の情報戦略』『岡崎久彦の情報戦略のすべて』などの著作で知られる、元・外交官の岡崎久彦氏。
いわゆる親米保守派の大御所ですね。

岡崎氏のサイト
岡崎研究所
世界の論調批評


国家の罠』『地球を斬る』などの著作で知られる、元・外交官の佐藤優氏。
日本の対ロシア外交の実務を担った方ですね。

佐藤氏の記事
地球を斬る
眼光紙背
WEB国家
キリスト教神学概論


ウルトラ・ダラー』などの著作で知られる、元NHK記者の手嶋龍一氏。
小説家としてご活躍中ですね。

手嶋氏のサイト
手嶋龍一オフィシャルサイト

手嶋氏の対談記事
手嶋・阿部緊急対談――英国テロ未遂と諜報
中央公論7月号 ~これが外交の品格だ~


名著で学ぶインテリジェンス』などの著作で知られる情報史研究会は、インテリジェンス(情報史)を追究する学術団体です。
中西輝政・京都大学教授による呼びかけで発足しました。

情報史研究会のサイト
情報史研究会



Ⅲ.現代日本のインテリジェンス

「安全保障と防衛力に関する懇談会」報告書2004

荒木レポートにおける日本の安全保障戦略と安全保障政策研究

「安全保障と防衛力に関する懇談会」報告書2009

「日本版NSC(国家安全保障会議)」の課題―日本の安全保障会議と米国のNSC―

新日本版NSC設立構想 日本の安全保障体制の見直しへの提言

官邸における情報機能の強化の方針

官邸における情報機能の強化の基本的な考え方

警備警察50年

警察の国際テロ対策―米国同時多発テロ事件から10年の軌跡―

警察のテロ対策について

内閣官房内閣情報調査室

大量破壊兵器(WMD)不拡散における防衛省・自衛隊の役割

カウンターインテリジェンスの最前線に位置する防衛関連企業の対策について

日本のテロ対策 北海道洞爺湖G8サミットに向けて

主なテロの未然防止対策の現状

日本のテロ対策の現状

国土交通行政におけるテロ対策の総合点検

税関のテロ対策

テロ関連ウェブサイト共有データベースの運用開始について

カウンターインテリジェンス推進会議

カウンターインテリジェンス推進会議の設置について

カウンターインテリジェンス機能の強化に関する基本方針

カウンターインテリジェンス・センターの設置に関する規則

国家機密の保護-制度と技術

国家機密の保護-機密区分管理

情報保全業務の実施に関する訓令

情報と情報保全

秘密保全に関する法制整備の動向について

我が国の秘密保全に関する現行法制

情報保全の在り方に関する有識者会議

政府における情報保全に関する検討委員会

秘密保全のための法制の在り方について

国家秘密保護法に関する図書目録

国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部

サイバーインテリジェンスの脅威

サイバーインテリジェンス対策に係る警察の取組について

平成23年7月の警察庁に対するサイバー攻撃への対応について

3月の韓国政府機関等に対するサイバー攻撃への対応について

満州事変80周年を契機としたとみられるサイバー攻撃事案について

尖閣諸島問題等と関連したとみられるサイバー攻撃事案について

サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成23年4月~9月)

サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢

サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成24年上半期)について

平成24年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について

警察庁長官官房審議官(サイバーセキュリティ戦略担当)の設置について

警察庁サイバーセキュリティ重点施策

重要インフラのサイバーテロ対策に係る特別行動計画

情報セキュリティ政策会議

情報セキュリティ2010

情報セキュリティ2011

情報セキュリティにおける人的脅威対策に関する調査研究報告書

情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方について

日本国憲法と安全保障 : サイバー戦の視点から

緩和される暗号輸出規制 : 国際合意と我が国の新たな暗号輸出規制



Ⅳ.大日本帝国のインテリジェンス

情報戦争としての日露戦争
その1

その2

その3

その4

その5

日本陸軍情報将校と辛亥革命

北海道大学の佐藤守男氏の論文です。


帝国陸海軍の情報と情勢判断-北清事変から日露戦争へ-

研究ノート 軍機保護法等の制定過程と問題点

研究ノート 陸海軍の防諜――その組織と教育――



Ⅴ.現代アメリカのインテリジェンス

米国の情報体制と市民社会に関する調査
9.11以後の米国の情報体制 ―「新しい戦争」、RMA、帝国化による強化

対テロ戦争における米国の情報体制と市民社会

スチューピッド・ネットワーク時代における通信傍受 ―米国における法的枠組みと技術

インテリジェンス活動に対する監査(oversight)制度

米国におけるインテリジェンス活動の法的基盤―行政特権と国家安全保障令を中心に

米国のインテリジェンス・コミュニティーとわが国へのインプリケーション

日本国際問題研究所アメリカ研究センターによるレポートです。


米国におけるインテリジェンスと法

アメリカの情報機関と連邦議会の監視機能の強化

【アメリカ】2010年度情報機関授権法成立

アメリカにおける行政評価と行政監視の現状と課題  GAO と CIAを巡る最近の状況から

国家安全保障情報の漏洩と報道の自由

同時多発テロ事件に関する独立調査委員会の最終報告書



Ⅵ.読み物

ネット上のインテリジェンス関連の読み物やレポートなどの紹介です。

情報の価値とインテリジェンス
第1回「情報とインテリジェンスの基本的な違い」

第2回「情報の意外性とインテリジェンスの概念」

第3回「インテリジェンスにもリテラシーはあるか」

第4回「「二兎を追う者は一兎を得ず」が「二兎から追われる者」はどうなりますか―インテリジェンス・サイクルによる常時監視システムの構築―」

第5回「インテリジェンス・サイクルを必要とする環境」

第6回「イノベーションの源泉―製品・技術のライフサイクル分析と必要なインテリジェンス―」

第7回「インテリジェンスの利活用と顧客セグメント分析 ~多様化した市場を見極める~」

第8回「戦略シナリオを支えるインテリジェンス活動」

第9回「ブラインド・スポットはなぜ起きるか ~ブランド・スポットが生じる7つのソースと意思決定の過ち~」

最終回「インテリジェンス調査の問題と実際」

情報システム学会のメールマガジンの連載記事です。

テロリズム研究のフロンティア―最近の研究動向と課題―

対テロ協力の概念と制度発展

テロとの戦いにおける国際機構の役割と人権問題

トルコ 広範で、恣意的かつ限定的なテロ対策法改正案に関する報告

諸外国における中枢機能のバックアップの取組

危機管理政策の国際比較- 危機対応の経済政策論に向けて

サイバー攻撃と関連法制度

サイバー攻撃に対する国際社会と日本の取組

情報革命と安全保障

企業はインテリジェンス戦争に勝ち残れるか?

主要国における公共交通機関のテロ対策

主要国における公共交通機関のテロ対策 ロンドン同時爆破テロ以降の動向

オーストラリアのテロリズム対策

CIA と緒方竹虎

イラク戦争と情報操作

ドイツにおける議会による情報機関の統制

情報という言葉の起源

情報という言葉の語源とその周辺について

日刊ベリタ:インテリジェンスとは何か

朝礼ネタ110番 ‐ インフォメーションとインテリジェンス

冷戦終結と非対称戦争 金融インテリジェンスの復活

外交とインテリジェンス

日本国の情報参謀の系譜

米国のセキュリティ・クリアランス制度

コンピュータ不正アクセスの脅威 : 組織における情報セキュリティ対策

インテリジェンス・サイクルと特許情報調査活動



Ⅶ.Googleブックス

インテリジェンス関連の本に興味のある方は、とりあえず立ち読みしてみると良いかと思います。

仕事に役立つインテリジェンス

速習!ハーバード流インテリジェンス仕事術

世界のインテリジェンス

イギリスの情報外交

国家戦略とインテリジェンス

ヴェノナ

カーブボール

ネットワーク・ヘゲモニー: 「帝国」の情報戦略

知られざるインテリジェンスの世界

インテリジェンス入門

情報と外交

パブリック・ディプロマシー: 「世論の時代」の外交戦略

日本の危機管理力

世界の「スパイ」秘密ファイル



Ⅷ.その他

その他の個人サイト・ブログなどの紹介です。

Intelligence News and Reports
現在のネット上では、1番オススメできるインテリジェンス関連ブログですね。

YS_KOZY_BLOG
インテリジェンス学に詳しいですね。

軍事板常見問題&良レス回収機構
世界の情報史に関するQ&Aなどがあります。

中国兵法
孫子や間書など、中国兵法書はインテリジェンスの点からも参考になります。

東長崎機関
軍事ジャーナリストの加藤健二郎氏のサイトです。

国際情報センター
元・外交官の茂田宏氏のブログです。

原田武夫国際戦略情報研究所公式ブログ
元・外交官の原田武夫氏のブログです。

現実主義者の日記
政治ブログですが、インテリジェンスや外交政策への言及があります。

氷の情報史研究室
卒論のテーマに、インテリジェンスを選んだ方のブログです。

National Security of Japan
資料・日本のインテリジェンス体制」は、今回の記事を書く動機の一つとなりました。

vassal_hiroの学習帳
「インテリジェンスってなぁに?」シリーズは、とても分かりやすい解説ですね。

国際インテリジェンス機密ファイル
書評も多く、読みやすいブログですね。


hnn2000さんのリスト
かなり詳細なインテリジェンス関連本のリストですね。

CyberGrapher
読書感想」には、多数のインテリジェンス関連書籍の書評があります。


インテリジェンス・レポート
インテリジェンスや軍事・国際情勢などの話題を扱っている月刊誌です。

Intelligence
情報史研究者の山本武利先生編集による雑誌です。


その他にも、2ch軍事板に『[諜報・防諜]インテリジェンス総合[情報機関]』というスレッドがありますね。
現在のスレは 32


簡単ですけど、こんなところですかね。

上で紹介したもの以外で、「こんなサイトを知っている!」「何故あのサイトが入っていないのか」と言う方は、是非お知らせ下さい。
良いサイトやブログ、レポートが他にも存在した場合は、速やかに追加します。
それと、リンクがおかしい部分がありましたら、ご指摘頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。





追記

「萬屋ユカリン」というブログを紹介していましたが、月刊「軍事研究」誌の連載記事を(恐らくは)無断で転載しているという、著作権侵害の可能性が極めて高いブログでした。

そのようなブログを肯定的に紹介したことは、明確に誤りでした。

すみませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

「萬屋ユカリン」について

「萬屋ユカリン」のブログ紹介で、「情報史に詳しい」と書かれておられますが、同ブログの「インテリジェンス」関連の内容は、橋本力氏が『月刊 軍事研究』の中で連載しておられる「インテリジェンス解読シリーズ」の記事を丸写ししたものですよ。

Re: 「萬屋ユカリン」について

ご指摘頂きありがとうございます。

該当する月刊「軍事研究」誌をそれぞれ確認してみましたが、確かに橋本力氏の『インテリジェンス解読』シリーズの転載でした。

ブログ記事執筆者としての責任において、近いうちに何らかの対応を取りたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

個人ブログの追加に関して

はじめまして。インテリジェンスに関する良い個人ブログがありましたのでお知らせしておきます

Intelligence News and Reportsというサイトで世界中のインテリジェンスに関する出来事やニュースを扱ってるブログです。ブログ名は英語ですが書かれているのは日本人の方なので日本語です

http://blog.livedoor.jp/intel_news_reports/

Re: 個人ブログの追加に関して

コメント、ありがとうございます。
すみません、最近ブログをチェックしておらず、今気付きました。

「Intelligence News and Reports」さんは、とても良いですよね。
私もTwitterや某SNSで、「日本のネット上ではブログ記事の質、更新頻度ともに最高水準」と強く薦めていますが。

リンクはしていましたが、確かに「日本のネット情報の現状」には加えていませんでしたね。


今回はコメントでお知らせいただきありがとうございました。
また良いサイト・ブログがありましたら、是非教えてください。
プロフィール

Author:きりしま
トラックバックは言及リンクがないものは弾くように設定しています。
コメントはブログ記事と関連性のある話題でお願いします。

今年の目標は,「日本のネット情報の現状」の大幅な更新と,10記事位書くことですかね。

2015年1月4日,プロフィール更新

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク
RSS
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。