スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリジェンス関連新刊リスト2011

2011年に刊行された、(日本語の)インテリジェンス関連の書籍を月別にまとめました。

抜けているものやリンクの間違い等があれば、コメント欄や twitter でご指摘頂ければありがたいです。





1月

中西輝政著『情報を読む技術』サンマーク出版

安原金次著 樋口雄彦編『海軍諜報員になった旧幕臣 海軍少将安原金次自伝』芙蓉書房出版

前坂俊之著『明石元二郎大佐』新人物往来社





2月

北岡元著『速習!ハーバード流インテリジェンス仕事術―問題解決力を高める情報分析のノウハウ』PHP研究所

山本武利著『朝日新聞の中国侵略』文藝春秋

町田貢著『日韓インテリジェンス戦争』文藝春秋

白石仁章著『諜報の天才 杉原千畝』新潮社

土屋大洋著『ネットワーク・ヘゲモニー ―「帝国」の情報戦略』エヌティティ出版

佐藤優著『日米開戦の真実』小学館

「外交」編集委員会編『外交 Vol.5』外務省





3月

小林良樹著『インテリジェンスの基礎理論』立花書房

20世紀メディア研究所編『Intelligence 第11号』文生書院

菅原出著『ウィキリークスの衝撃 世界を揺るがす機密漏洩の正体』日経BP社

斎藤充功著『陸軍中野学校極秘計画―新資料・新証言で明かされた真実』学研パブリッシング

鳥居英晴著『日本陸軍の通信諜報戦 北多摩通信所』けやき出版





4月





5月

マーク・M. ローエンタール著 茂田宏監訳『インテリジェンス―機密から政策へ』慶應義塾大学出版会

奥田泰広著『国家戦略とインテリジェンス』PHP研究所





6月

黒井文太郎著『ビンラディン抹殺指令』洋泉社

山田善二郎著『アメリカのスパイ・CIAの犯罪―鹿地事件から特殊収容所まで』学習の友社

佐藤優著『予兆とインテリジェンス』扶桑社

インテリジェンスレポート 6月号』インテリジェンス・クリエイト<特集:情報漏洩-どうしたら防げるか>





7月

「情報史研究」編集委員会編『情報史研究 第3号』情報史研究会

C.A. ウィロビー著 延禎監 平塚柾緒編『GHQ知られざる諜報戦―新版・ウィロビー回顧録』山川出版社

井口武夫著『開戦神話 - 対米通告を遅らせたのは誰か』中央公論新社

中西輝政著『本質を見抜く考え方』サンマーク出版

佐々淳行著『「危機管理・記者会見」のノウハウ―東日本大震災・政変・スキャンダルをいかに乗り越えるか』文藝春秋

黒井文太郎著編『新装・改訂版 謀略の昭和裏面史』宝島社

有馬哲夫著『日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」』宝島社

石破茂著『国防』新潮社

宗教情報リサーチセンター・井上順孝編『情報時代のオウム真理教』春秋社





8月

ティム ワイナー著 藤田博司・山田侑平・佐藤信行訳『CIA秘録〈上〉―その誕生から今日まで』文藝春秋

ティム ワイナー著 藤田博司・山田侑平・佐藤信行訳『CIA秘録〈下〉―その誕生から今日まで』文藝春秋

竹内明著『秘匿捜査 警視庁公安部スパイハンターの真実』講談社

スティーブ コール著 坂井定雄・伊藤力司・木村一浩訳『アフガン諜報戦争(上) ─ CIAの見えざる闘い ソ連侵攻から9.11前夜まで』白水社

スティーブ コール著 坂井定雄・伊藤力司・木村一浩訳『アフガン諜報戦争(下) ─ CIAの見えざる闘い ソ連侵攻から9.11前夜まで』白水社

大島真生著『公安は誰をマークしているか』新潮社

エイモン ジャヴァーズ著 大沼安史訳『諜報ビジネス最前線』緑風出版





9月

佐藤守男著『情報戦争と参謀本部:日露戦争と辛亥革命』芙蓉書房出版

佐藤優著『世界インテリジェンス事件史』双葉社

小山昌宏著『情報セキュリティの思想: インターネットにおける社会的信頼の創造』勁草書房

直井明著『スパイ小説の背景』論創社





10月

生貝直人著『情報社会と共同規制: インターネット政策の国際比較制度研究』勁草書房

青木理・梓澤和幸・河崎健一郎編『国家と情報―警視庁公安部「イスラム捜査」流出資料を読む』現代書館

奧武則著『ロシアのスパイ - 日露戦争期の「露探」』中央公論新社

原田武夫著『アメリカ秘密公電漏洩事件 ウィキリークスという対日最終戦争』講談社





11月

土屋礼子著『対日宣伝ビラが語る太平洋戦争』吉川弘文館

広中一成・梶野渡編『「華中特務工作」秘蔵写真帖: 陸軍曹長 梶野渡の日中戦争』彩流社

岩下哲典著『日本のインテリジェンス―江戸から近・現代へ』右文書院

岡村久道著『情報セキュリティの法律 [改訂版]』商事法務

秦郁彦編『検証・真珠湾の謎と真実 - ルーズベルトは知っていたか』中央公論新社





12月

落合浩太郎著『インテリジェンスなき国家は滅ぶ――世界の情報コミュニティ』亜紀書房

手嶋龍一著『ブラック・スワン降臨―9.11-3.11インテリジェンス十年戦争』新潮社

里見脩著『新聞統合:戦時期におけるメディアと国家』勁草書房






参考

今年刊行されたインテリジェンス関連の書籍
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 おお,これはありがたいリスト.

 そんなわけで,本年もよろしくお願い申し上げます.
 

Re: No title

消印所沢 様

こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。
プロフィール

きりしま

Author:きりしま
トラックバックは言及リンクがないものは弾くように設定しています。
コメントはブログ記事と関連性のある話題でお願いします。

今年の目標は,「日本のネット情報の現状」の大幅な更新と,10記事位書くことですかね。

2015年1月4日,プロフィール更新

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク
RSS
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。